本棚を見ると性格や嗜好が分かる話

本棚って実は結構人に見られていると思います。人の家に遊びにいくと、ついつい本棚はのぞいてしまいますね。これって、習性なので仕方のないことかもしれないんですが、本棚って何も語らないようで実はその人のことを雄弁に語っていると思います。

最近は、ペーパーレスになってきているので本棚がない人っていうのもいるのですが、それだと味気ない気がしちゃいますね。やっぱり紙媒体の方が安心するし、ちゃんと著作権にもお金を払っているんだってそれだけで尊敬できちゃいます。

それに、本棚にはその人の性格がやっぱり出ちゃうものです。もちろん、今考えていることなんかもタイムリーに分かります。必要がなければ本なんて人にあげちゃったり処分すればいいものなんで、残っているということは何かしらの意味があるってことだと思うんです。

また、口下手な人でも本棚を介して、話が出てくるのがいいところです。本の話って人の悪口とかになりませんし、新しい情報も入るので有益な情報交換のきっかけになります。