本棚を上手に活用するために

本棚を使っている方の中で、なかなか上手に本棚のスペースを活用することができない、という方は多いのではないでしょうか。
本棚上部のスペースを活用することができない、
並べた本棚がキレイに整頓できないなど、
本棚の悩みは様々なものがあります。そこで、本棚の上手な活用方法について、いくつか紹介します。

 

漫画の並ぶ本棚
まず、本の収納する位置です。基本的に、辞書などの思い本は本棚の下に置くようにしましょう。
逆に文庫本などの小さい本は、本棚の上に置くようにすると、本棚の安定感が増します。

また、よく本を横に並べている方を見かけますが、それは避けたほうがよいでしょう。本を横に置いていくと本を傷めてしまう原因になるので、なるべく立てて置くようにしましょう。そのための本棚でもあるのです。
また、少し応用するには、よく使用する本はなるべく取りやすい位置に置くようにするとよいでしょう。
本棚を利用するときには、このように本棚を上手に活用する方法を身につけておきましょう。

そうすれば、本棚のスペースや特徴を最大限に生かすことができるはずです。

多々あるインテリア雑誌や住宅専門誌などによく見られる、
壁一面に設置された本棚。
アーティストや作家などの自宅写真でも登場することが多いので、
かっこいい!と思われた方もいるのではないでしょうか。

通常、「背の高い家具を置くと部屋が狭く見える」と考えられ、
マンション住まいなどスペースに限りがある場合は
大きな家具は避けられがち。

でも天井まで続く本棚は存在感がありながら
奥行きがあまりないので「もうひとつの壁」となり、
圧迫感は意外に感じないように思います。

カラーもオーク系などダークなものを選べば重厚感があり、
ホワイトなどの淡色は軽いイメージで、圧迫感をさらに無くしてくれます。

そして、壁一面本棚の魅力は、なんと言ってもその収納力。
散らばっていた本はすべてスッキリ収まります。
また空いたスペースにはちょっとした雑貨を飾ったり、
植物を置いてみたり…さりげなくおしゃれな雰囲気が出て素敵ですよね。

壁一面というと、特大の特注、を想像してしまうかもしれませんが、
最近ではお手頃価格で手に入る、小さめのお部屋用に幅の狭いものもありますし、
それらを2つ並べて使用したり、
とお部屋の大きさによって調整できます。

実用的でいて、見た目もちょっとおしゃれなのでおすすめですよ。

ちなみに私の収納テクニックは、

私の本棚は良かった本(良書)、悪かった本は別の棚に仕分けしておきます。

本棚は、デスクの横に置いております。

本棚はビジネス書が多く、入りきれない場合はとりあえずラックに入れときます。

基本的に本棚は、お客さんが来た時に人間性がでるので、カバーをかけて収納しています。

本棚のスペースにDVDなども収納しており、一番お気に入りのDVDをワザと見せるように並べてます。

次にCDラックなんですが、BOOKOFFで集めた中古CD洋楽から邦楽まできれいに並べております。

CDラックの中は100枚近くありますので、できるだけ大きいCDラックを持っています。

靴箱なんですが、玄関にはウォールタイプのシューズボックスです。

50足は入るタイプのものです。白のデザインがとても良く大変気に入ってます。
後はおもちゃ箱なんですが、プレイステーションのソフトを、おもちゃ箱に沢山いれてます。
ローボードには、MAC対応のblue tooth専用スピーカーなど設置しております。

本棚は人の性格が垣間見えます。
ぜひ、綺麗に整理整頓して、快適な生活を過ごしてください。