ネットから書籍化になる時代

最近では、ブログで書いていた物語に人気が出てそのまま書籍化したりする話もありますね。ネット社会なのに、やはり本として販売してほしいというのは書籍としての価値を人々が見出している証拠でしょう。
もし、仕事をしながら何かの書籍を出したいというのであれば、専門的な知識がなくてもチャンスを掴むのは昔ほど難しいことではなくなってきています。ネットを使って不特定多数の人に文章を見てもらい、ヒットすれば一攫千金も夢ではありません。
よくあるのはライトノベル、通称ラノベですね。漫画でもそうですが、ネットに投稿していた絵や漫画が書籍化され、画集として発売したり、そのまま漫画家としてデビューした人もいます。一般人が自分の創作物を人に買ってもらえるようになるハードルは下がったと言えるでしょう。
趣味としてでも良いですし、本格的に時間を作って望むのも良いですし、自分の中にある物語を外に出してみるのは何かしらの収穫があると思います。

PR|マルゲリータのオシャレな壁面収納ラック|